うれしかったこと

昨夜、夜も10時も回ったころ、塾では試験期間という事もあり、まだ二人居残って勉強して

おりました。そこへ、懐かしい顔の来訪者が・・・・・・

「先生、お久しぶりです!」

彼は、中三の夏休みから、高2の途中まで預かっていた生徒だった。母親に連れてこられた

中三時、相当の「ゲーマー」ではっきり言って見込みなし。勉強する気もあまりなさそうで、

正直断ろうと思った。

しかし、彼の母親と、おばあちゃんは良く見知った人で、熱心に入塾を頼みに来たので、

受け入れることになったのだ。基礎学力が「無」に等しく、夏休みはかなり過酷なものと

なった。しかし、努力のかいもあり、柏の「理数系」の、どうにか偏差値52程度の

高校に入ることが出来たのだ! 担任にも相当無理筋と言われていたらしく、母親は

大喜びだった。そう、そしてそしてそれから、彼は大きく変わっていったのだ。

「僕は、中学時代に戻りたい。そして、あのころから思いっきり勉強したい。」と言い

きった!「あのゲーマー坊やが。」僕はちょっとゾクゾクした。人が変わる瞬間、

まるで、チョウがサナギから羽化するときを見ているような気がした。

そして彼はその高校で、理数系はほぼトップ近い成績を取り続けた。物理など満点を

取ってきた時は僕もうれしかったなぁ。

「受験には数学もそうだが、英語も大切。」と高2でセンター英語の長文程度は読み

こなせる程度にはしごいた。今ら考えてもよくついて来たな、と思う。

そして、高校2年のある日、うちのような弱小塾に限界を感じたのであろうか、

「先生、すみません。僕、予備校に行って見たいのです。」と、旅立っていった。

残念だがしかたなかった。大学受験に関してはうちのようなところと予備校では

受験情報だけでも天と地ほども差があるからだ。私は、今後の心構えを説いて

送り出した。

その彼が、昨夜やってきた。そして「東京理科大学の物理学科に推薦で決まりました!」と。

じっくり話を聞きたかったが、塾にはまだ試験前の生徒がいて、「よくやった!ただ、推薦

の生徒と一般受験で入った生徒の間には、相当な学力の溝がある。だから、これからも気を

抜かずに、頑張り続けるんだよ。」としか、言えなかった。しかし、きっと彼なら、そんな

心配は無用だろう。これからも自分の未来に向かって、ずっとずっと走り続けるはずだ。