桜に寒肥

 ポラリスの前には、樹齢60年以上になる桜の老巨木が3本あります。

これが、また春には格別の花を咲かせてくれて・・・・・

これは今年の春の写真です↓

で、毎年、葉がすべて落ちたこの時期は、冬に備え、来年の花に期待して肥料を施すことに

しているのだ。これ、「寒肥」と言います。

そして、花が咲き終わったら感謝を込めて「お礼肥」を施す。こんなことをはじめて、

もう30年近くになるか・・・

この桜たちは、私の父が初代町会長だった時に植えたもので、思い入れがあるのだ。

私もよく木登りしたしね。

来年も素晴らしい花を咲かせてくだされ!