桜の寒肥

 塾の前のグリーンベルトに老桜の巨木が3本ある。

もう60年以上前に、この町会の初代町会長だった父が植えたものだ。

まだ幹が細かった時から、木登りとかしてたなあ。もう僕の人生と

ほとんどかぶっている気がする。

春には、それはもう素晴らしい花を咲かしてくれるし、新緑の時期は、

ほのかな香りを漂わせてくれるし、盛夏には、その木陰で、まるで森の中

にいるような涼しさを味わせてくれる。(そう、一本一本があまりにも

巨大で、本当に森の様なのだ。)

というわけで、この教室前の3本の樹には、春の桜の花を期待しつつ、

この時期寒肥を施すのが儀式のようになってしまった。もう、30年

以上にはなるかな。

僕の寿命以上には、健やかに生きて花を咲かせ続けてほしいものです。

桜の寒肥