祝!はやぶさ2帰還!その3

では、最後に・・・・・

はやぶさシリーズのもう一つの使命、「生命原材料の解明」について。

なんで「はやぶさ2」は小惑星のうち、わざわざ炭素系小惑星「リュウグウ」

に向かったのか。それは、炭素系小惑星には、生命の原材料になる「アミノ酸」

が眠っている可能性があるからです。

アミノ酸には、まったく同じ組成でも、まるで鏡像のように対称な「左手型」と

「右手型」が存在します。(いわゆる「L型」と「D型」)。このアミノ酸は

生成されるとき、普通は1対1と同じ割合になります。ところが不思議な事に、

地球型生物はほとんどすべてが「左手型」なのです。その理由はいまだに

わかっていないのですが、もし、はやぶさ2の持ち帰ったサンプルにアミノ酸

が含まれていて「左手型」の割合が高かったら・・・・・・・

我々生命の起源は、地球の外からやってきた可能性が高くなるのです。

いや、もっと言えば、宇宙には「命の種」が大量に存在していて、それが長旅

の末、地球のような星にばらまかれて命が芽吹いていく、という仮説も成り立

ち得ることになります。我々は、決して孤独な存在ではなく、この宇宙は

「生命に満ち溢れている」のかもしれませんね。

 

どうです?はやぶさ2、僕たちに「大いなる夢」を与えてくれる素晴らしい探査機

でしょう?宇宙探査史に、永遠に語り継がれそうですよね。

やっはりすげーよ、はやぶさ!  

下の写真は僕が撮ったウィルタネン彗星。左下の碧い星が彗星。

彗星も宇宙の旅びとで、小惑星のように「命の種」の運び屋かも

しれないね。ちなみに右上の星の集まりはプレアデス星団(スバル)                     終

              柏の理数系学習塾ポラリス